こんにちは、OM建築工房です。

今回は、夏に室内に侵入する日射を遮り室内を涼しく保つ設計上の工夫を紹介します。

設計上の工夫~軒~———————–

OM建築工房では軒の出を南側を90cmほど出すようにしています。

軒

軒をつくるメリット
1.夏の日射しを遮ってくれる
夏に室内に入ってくる日射熱のうち70%程度が窓からになります。
眩しい日射しや照り返しを防ぎ、室温の上昇を抑えます。

2.雨の侵入を防いでくれる
雨の日、軒や庇がないと窓に雨粒が直接あたってしまいます。
サッシやドアまわりの防水のことを考えると、直接雨が当たらないほうが安心です。

3.外壁の汚れを防いでくれる
軒は雨をよけて、外壁が雨だれで汚れるのを防いでくれます。
敷地や隣家、周辺の状況によりますが、雨ざらしにならないよう北・東・西の軒も60cmほど出すようにしています。

南面の窓の軒は、90cmほどにしていますが、軒が深すぎると冬に太陽の熱や光が入りにくくなってしまいます。
夏と冬では太陽の軌道が違うため、室内に入ってくる太陽の光や熱の量も違います。
OM建築工房では、下の画像のように軒や庇で作られる日陰のシミュレーションを行い確認をしていきます。


一方、建築基準法により、軒が1m以上出ていると建築面積に含めなければなりません。
また、総2階であったり平屋であったり、お客様の希望によっても軒の長さや窓の配置が変わります。
お気軽に相談してくださいね。