1台で家全体を一年中快適に

パッシブエアコンは、OMソーラーのコンセプト”熱と空気をデザインする”から生まれた、これまでにない新しい発想のエアコン。
新築後に後から取り付けるのではなく設計段階から建築と空調設備を一体で計画し、冬は床下から暖房を、夏には天井から冷房をすることで、1台で家全体の温熱環境を一年中快適に保ちます。
一般的な壁掛けエアコンによる冷暖房のように足元だけ冷えたり、頭のまわりだけ暑すぎたり、気流を感じたり、といった不快感がなく、部屋ごとにエアコンを設置する必要もありません。

足元からぽかぽか。
家全体をムラなく温める。

冬は暖かい空気を足元から家全体へ送ります。
足元が冷えず、部屋を移動したときに急激な温度差を感じません。温度差による身体への負担が少なく、ヒートショックのリスクを軽減します。
サラリとした涼風で、
家全体が高原のような心地よさ。

夏は冷たい空気を頭上から家全体へ送ります。局所的に冷えすぎることがなく、家全体が均一で最適な温熱環境を実現します。
 

― パッシブエアコンの特徴 ―

 

― パッシブエアコンのしくみ ―

 

冬のはたらき

エアコンから出る暖かい空気を床下に送り、床の吹き出し口から放出します。暖かい空気は下から上に移動する性質を活かして、効率よく家全体を温めます。

夏のはたらき

天井の吹き出し口から冷気を放出します。冷たい空気は上から下にゆっくり移動し、室内の温熱環境をを効率よく均一に整えます。

 

― あたたまり方の違い ―

精緻な気流や熱移動のシミュレーションをコンピューター上で行うCFD(Computational Fluid Dynamics)で、ダクトで床下から暖気を送るパッシブエアコンと壁掛けエアコンそれぞれの場合で、熱量投入時における部屋中央付近の断面温度分布の解析を行いました。温度を色で、気流の強さを矢印で表しています。

 

パッシブエアコンの場合

室内のムラが少なく、床表面の温度が高い。
また、不快な風となる気流もほぼ生じない。

壁掛けエアコンの場合

エアコンの温風があたる箇所、あたらない箇所の温度のムラが大きく、気流感も強い。

 

― パッシブエアコンが体感できるモデルハウス ―

見学をご希望の方は電話またはお問合せフォームよりご希望の日時を事前にご連絡ください。


電話 053-488-1719 / お問合せフォーム


 

<Access>
〒443-0014 愛知県蒲郡市海陽町2-7-3
●車でお越しの方
  東名高速道路 → 音羽蒲郡ICより25分
●電車でお越しの方
  JR東海道本線 → 三河大塚駅下車徒歩15分