家づくりの想い

自然エネルギーを活かす

パッシブデザイン

自然エネルギーを活かすパッシブデザイン

パッシブデザインを大切にする理由

そもそもパッシブデザインとは何でしょうか?

簡単に言うと、「太陽の熱や光、風といった自然エネルギーをそのまま利用して快適な家づくりをする設計手法」のことです。

考え方としては非常にシンプルですが、その効果を得るにはそれぞれの自然エネルギーの特性や人が心地いいと感じる体感温度のメカニズム、敷地環境の読み取りなど専門の知識と技術、経験が必要です。

私たちは夏の木陰や冬の日向ぼっこのように自然の恵みならではの程よい涼しさ、あたたかさこそが本当の心地よさだと考え、冷暖房設備などの機械に必要以上に頼らなくても快適に暮らせるようパッシブデザインに真摯に取り組み、小さなエネルギーで豊かに暮らせる住まいをつくっています。

PASSIVE
DESIGN
日射を遮る

断熱性の高い家は魔法瓶のようなものです。
夏の日射しを室内に入れてしまうと熱がこもり、昼間はもちろん夕方になっても室温が下がりません。
夏に室内に流入する熱は7割以上が窓から入ってきます。
この窓からの日射しをいかに遮るかが夏の暮らしを快適にするポイントです。

窓の性能を使い分ける

窓の性能を使い分ける

夏の日射しが強い東西面には遮熱型のLow-Eペアガラスを使い、室内への熱の進入を小さくします。
(南北面には断熱型Low-Eペアガラスを使用)

軒を深くする

軒を深くする

LがHの0.3倍程度の軒や庇を南面につけると窓に当たる日射しを40%カットできます。

軒を深くする
軒を深くする

「外」で遮る

  • 「外」で遮る
  • 「外」で遮る

室内よりも室外で遮蔽をする方が効果は大きく、ブラインドを外に設置すると室内の場合より10℃以上も窓の表面温度が下がります。

「外」で遮る

格子戸や簾の取付けが容易にできるタイプの庇など、外での遮蔽が手軽にできる工夫をします。