家づくりの想い

自然エネルギーを活かす

パッシブデザイン

自然エネルギーを活かすパッシブデザイン

パッシブデザインを大切にする理由

そもそもパッシブデザインとは何でしょうか?

簡単に言うと、「太陽の熱や光、風といった自然エネルギーをそのまま利用して快適な家づくりをする設計手法」のことです。

考え方としては非常にシンプルですが、その効果を得るにはそれぞれの自然エネルギーの特性や人が心地いいと感じる体感温度のメカニズム、敷地環境の読み取りなど専門の知識と技術、経験が必要です。

私たちは夏の木陰や冬の日向ぼっこのように自然の恵みならではの程よい涼しさ、あたたかさこそが本当の心地よさだと考え、冷暖房設備などの機械に必要以上に頼らなくても快適に暮らせるようパッシブデザインに真摯に取り組み、小さなエネルギーで豊かに暮らせる住まいをつくっています。

PASSIVE
DESIGN
通風を考える

夏を快適に過ごすために不可欠なもう一つのポイントは通風です。
同じ室温でも微風があるだけで不満率は下がります。
どの季節、どの時間に、どこからよく風が吹いてくるかを気象庁のデータや敷地調査から確認し、家の中を風が抜けるよう窓の配置や大きさ、種類を計画します。

  • 野池政宏著「パッシブデザイン講義」より

    野池政宏著「パッシブデザイン講義」より

  • 浜松の卓越風向 月別風配図(起居時)

    浜松の卓越風向 月別風配図(起居時)

  • 浜松の卓越風向 月別風配図(就寝時)

    浜松の卓越風向 月別風配図(就寝時)

通風を考える

浜松では夏は日中と夜とでは風向きが変わります。
北東の風を寝室に取りいれるように窓の配置や大きさを計画し、夜の寝苦しさを緩和します。

風をつかまえる工夫

  • 風をつかまえる工夫
  • 風をつかまえる工夫

窓と平行に吹く風を縦庇や縦すべりだし窓などのウィンドキャッチャーでつかまえて、室内に風を取り入れます。

風の道をつくる

  • 風の道をつくる
  • 風の道をつくる

居室には2方面以上の窓を設けます。
また、あたたかい空気が上昇する性質を利用して高窓や天窓、地窓など高低差のある窓を計画的に配置して立体的な風の動きをつくり、天井付近の熱を外へ逃がします。