家づくりの想い

自然エネルギーを活かす

パッシブデザイン

自然エネルギーを活かすパッシブデザイン

パッシブデザインを大切にする理由

そもそもパッシブデザインとは何でしょうか?

簡単に言うと、「太陽の熱や光、風といった自然エネルギーをそのまま利用して快適な家づくりをする設計手法」のことです。

考え方としては非常にシンプルですが、その効果を得るにはそれぞれの自然エネルギーの特性や人が心地いいと感じる体感温度のメカニズム、敷地環境の読み取りなど専門の知識と技術、経験が必要です。

私たちは夏の木陰や冬の日向ぼっこのように自然の恵みならではの程よい涼しさ、あたたかさこそが本当の心地よさだと考え、冷暖房設備などの機械に必要以上に頼らなくても快適に暮らせるようパッシブデザインに真摯に取り組み、小さなエネルギーで豊かに暮らせる住まいをつくっています。

PASSIVE
DESIGN
昼光を利用する

自然光で明るい住まいにするためには窓をたくさん設ければいいのですが、そうすると冬は熱が逃げやすく夏は日射しが入りやすくなってしまいます。
そこで、太陽の光を直接採りいれる「採光」とあわせて採りいれた光を家の奥まで導く「導光」を計画し、断熱や日射遮蔽とのバランスを考慮しながら自然光の明るさを確保します。

光を採り入れる

通風を考える

風の道をつくる

  • 風の道をつくる
  • 風の道をつくる風の道をつくる

吹抜けや欄間を設けて上階や隣の部屋から光を導きます。
隣家が迫っている敷地でバルコニーを設置するときはFRPグレーチングなどを使い、1階部分に光が通るようにします。