家づくりの想い

性能ガイド

OM建築工房の家は全棟長期優良住宅の基準をクリア。
長きに渡って安心安全で快適に暮らせる家づくりをしています。

温熱性能

夏涼しく、冬あたたかい住まい

「快適・健康」と「省エネ」の両立 私たちが目指すのは、「快適・健康」と「省エネ」の両立です。
品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)の省エネルギー対策等級4を確保しながら、自然風や日射熱の利用を前提に断熱性能のレベルを決定し、冬の自然室温15℃以上を実現します。

  • 断熱材

    断熱材

    断熱材は適材適所に使い分け、必要な厚さ・比重のものを隙間なくきちんと施工します。

  • サッシ

    サッシ

    Low-Eペアガラスの遮熱タイプと断熱タイプを方位によって使い分けます。

  • OMソーラー

    OMソーラー

    太陽の熱を利用して床暖房をおこない、時間ごとや部屋ごとの温度差を小さくします。

    詳しくはこちら
  • シミュレーション

    シミュレーション

    物件ごとにシミュレーションを実施し、その敷地に最適な断熱計画をします。

Column
Column

温熱と健康の関係性

リビングと浴室など家の中で大きな温度差があると、急な温度変化による血圧の変動で失神や心筋梗塞、脳梗塞を引き起こす「ヒートショック」のリスクが高まります。家の 温熱性能を高めることはヒートショックのリスクを軽減し、各種疾患の改善にもつながります。
詳しくはこちら

耐震性能

安心・安全な住まい

地震や台風などによる倒壊・損傷を防ぐために耐震等級2以上を確保しています。
耐震等級2は数百年に一度程度の大地震(震度6強~7程度)の力の1.25倍の力に対して倒壊、崩壊等しない強さです。

  • 地盤調査

    地盤調査

    すべての物件で地盤調査を実施し、必要に応じて地盤改良をします。

  • 基礎

    基礎

    基礎のねじれや不同沈下のリスクを軽減するため地中梁を配した一体打ちのベタ基礎を採用しています。

  • 構造材

    構造材

    適切に管理された森林で生産されているFSC認証材を使用しています。

  • 耐力壁

    耐力壁

    計算に基づいて耐力壁を配置し、水平方向にかかる力を受け止めて変形を抑えます。

耐久性能

住み継ぐ住まい

建物の劣化対策とあわせて維持管理のしやすさも考慮し劣化対策等級4、
維持管理対策等級3を確保して長く住み継ぐことができる住まいを実現します。

  • 雨漏り対策

    雨漏り対策

    建物と屋根形状をできるだけシンプルにすることで雨漏りのリスクを低減します。

  • 内部結露対策

    内部結露対策

    地下と建物との隙間(侵入経路)がほとんど生じないベタ基礎で物理的に侵入を阻止し、耐蟻性の高いヒノキを土台に使用します。

  • シロアリ対策

    シロアリ対策

    適切に管理された森林で生産されているFSC認証材を使用しています。

  • 維持管理対策

    維持管理対策

    点検口の設置や配管の集約など点検や修理・交換が容易にできるよう計画します。

  • 定期点検

    定期点検

    引渡し後、半年・1年・2年・5年後に定期点検を実施します。5年目以降は個別の点検計画を立てて対応します。

空気環境性能

健康な住まい

住まいが原因で体調を崩すことがないよう空気環境性能等級3を最低限満たすべき基準とし、
素材選びと適切な換気を考慮してより良い空気の質を追求しています。

  • 自然素材

    自然素材

    建物と屋根形状をできるだけシンプルにすることで雨漏りのリスクを低減します。

  • 換気計画

    換気計画

    24時間計画換気システムに加え、OMエアフォールにより空気清浄と暖房をおこないながらの換気も可能です。

    詳しくはこちら